e-MEXICO

ホーム > 文化・芸術 > アステカの蒸し風呂「テマスカル」

アステカの蒸し風呂「テマスカル」

アステカの世界観では、テマスカルは、母親の胎内に戻ることを意味しています。母親の胎内を守るのは、神々の母であるテマスカルトシ(またはトナンツィン)です。

foto

Mas de MX 2016/03/30

 テマスカルは、アステカの世界観を今に伝える蒸し風呂で、語源は、ナワトル語で「蒸し風呂の家」を意味するテマスカリだと言われています。アステカを征服したスペイン人たちは、長年にわたって、テマスカルの習慣を消し去ろうとしてきましたが、非常に優れた効能を持つテマスカルが、忘れ去られることはありませんでした。現在もメキシコでは、広く利用されています。

 ベルナルディーノ・デ・サアグン(ナワトル語やスペイン語による数多くの記録を残したスペイン人宣教師)の記録には、先住民たちは、治癒を助けるテマスカルを、治療のために用いていたとあります。また、特に外傷、骨折、打撲、皮膚病などには効果があること、妊娠中や出産時のリスクを回避したり、産後の母体の回復を助け、母乳を浄化するために用いられていたことも、記されています。サアグンの記録には、以下のように記されています。

 「テマスカルは、毛穴の詰りによる発熱や、毒を持つ動物に刺された場合など、様々な病気の治療に用いられています。また、不快感を解消する効果もあります。多量の発汗を必要とする場合は、蒸気の出口の近くに座る必要があります。テマスカルは、骨折や梅毒、ハンセン病、胸や背中の痛み、打撲、むち打ちの治療にも用いられています」

 スペイン人征服者たちが、テマスカルを排除しようと、長年にわたって努力したにもかかわらず、テマスカルは、中央政府から遠く離れた地方まで広がっていき、現在まで受け継がれてきました。トラウイリ伝統医学研究所のオラシオ・ロハス・アルバ博士は、「テマスカルは現代においてよみがえり、一層普及しようとしている」と述べています。

 アステカの文化においては、女神テマスカルテシは、テマスカルの守り神でした。テマスカルテシは、神々の母テテオイナン(別名「私たちの祖母」)の姿のひとつで、ナワやミステカ、サポテカ、マヤの神々の中でも、特に重要な神でした。従って、テマスカルは、いにしえの世界観と強く結びついたものであり、大宇宙を構成する小宇宙のひとつを表すものでした。テマスカルの内部では、太陽のサイクルの4つの要素(土、風、火、水)が影響し合い、生命と活動を強化すると考えられていました。

 そのため、現在でもテマスカルは、宇宙の4つの方角を示すように設置されています。石を温める火は、すべての父である太陽(=トナティウの神)が昇る方角である東に置かれます。太陽は光であると共に男性であり、母なる大地の胎内(=テマスカルの内部空間)を豊かにします。つまり、生命が宿るということです。出入口は、「死への道」の方角である南に配置されます。太陽の方角である南へと向かう「死への道」は、誕生と共に始まり、死を迎えて終わります。現代のメキシコ人の思考が父と母、太陽と大地、暖と寒など二元的であるのは、アステカの世界観から来るものです。生まれること、それは、死への道を歩きはじめることなのです。

 アステカの世界観では、テマスカルは、母親の胎内に戻ることを意味しています。母親の胎内を守るのは、神々の母であるテマスカルトシ(またはトナンツィン)です。テマスカルトシは、愛情深い母親であるため、子供たちの体や魂の病気を治すために、再び子供たちを、アステカの小宇宙である胎内に受け入れます。

 以下に、科学的にも証明されているテマスカルの効能を紹介します。

【皮膚】 テマスカルには、体内の温度を調整し、蓄積した毒素を排出する作用があります。汚染された環境で生活する人々は、毛穴が詰まるため、皮膚のターンオーバーを促進する必要があります。テマスカルは、古い表皮の剥離を促すと共に、皮膚表面の保護膜を形成し、皮膚病を予防します。

【呼吸器】 主に風邪、気管支炎、ぜんそく、鼻炎に効果があります。テマスカル内部の温度が上昇し、薬草の香りと蒸気が満ちると、気管支の詰りが改善されます。血行が良くなり、肺や気管支に蓄積した毒素が排出されます。

【循環器】 テマスカルは、血管を拡張し、血行を良くするため、毒素や尿酸、コレステロールの排出を促進します。そのため、循環器系の病気の治療に効果があります。

【神経系】 テマスカルには、リラックス効果があり、ストレスや不眠、緊張などの症状を改善します。

【消化器】 腸の働きを促進し、水分と脂肪を排出するため、痩身に効果があります。

【筋肉】 捻挫や打撲、筋肉の炎症を予防する効果があります。

【分娩・産後】 昔から助産婦たちは、分娩時の病気を予防し、産後の回復を速めるために、テマスカルを利用していました。妊娠した女性たちは、薬草の香りのするテマスカルに入ることで、子宮が広がり、分娩を楽にすることができました。

 テマスカルでの入浴は、人生における非常に重要な時間です。それは、自分自身や周囲の人々、人生、健康、強さ、魂の進む道と和解することであり、立ち止まって、自分自身を見つめなおすことなのです。

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system